ORANGE OMS

デモを活用したカスタマイズ

システムの完成形をイメージしながら
作り上げることを可能にするUXプロトタイピング

要件定義書や設計ドキュメントだけでは伝わりづらい”改善される効果”や”イメージ”の理解推進のために、デモやプロトタイピングを活用したシステム開発、要件定義、業務定義を実施しています。
このUXプロトタイピングは、システム開発を専門に行う業者に多く見られる「まずテキストがびっしり書かれたドキュメントを作る」アプローチとは異なり、より具体的なイメージを瞬時に共有できるという利点があります。これにより、スピーディーかつ確度の高い要件定義が可能となるのです。

特に、操作が複雑であったりわずかな業務の無駄が大きな時間ロスにつながりかねない受注管理システム(OMS)は、実際の使い勝手などを検証しながら開発を進める必要があります。UXプロトタイピングによってOMSのシステム要件、業務要件の具体化することが可能となります。

システム開発・インテグレーションの問題点

文書ベースのシステム要件定義は完成イメージが困難で
認識や効果のズレが生じやすい

未知のものや新たな商品を作る際、多くの業界ではモックアップが創られます。しかし、システム開発の場合はこの工程がなく、いきなり仕様書や設計書の作成からはじまることがほとんどです。後工程で仕様齟齬が発覚したり、業務改善が限定的な効果にとどまるなど、完成イメージの共有が不十分なために問題が起こってしまうことが多々あります。

デモを利用したカスタマイズを実現することで
要件定義・業務定義の精度をより向上することを可能に

想像するしかなかった完成形をデモ・プロトタイプで目に見える形にビジュアル化。
これまではシステムが完成しないと判明しない事柄も、実際にデモを見て触れることで確認・検討ができます。要件確認や業務確認の制度を高め、改善効果をイメージしながら要件を詰めていくことが可能です。

さらに、利用場所にデモ・プロトタイプを持ちだして実際の業務を行いながら機能や使いやすさを評価をするなど、新しいアプローチが可能となります。

※1 デモ・プロトタイプ
ここでは、画面などの流れを優先しシステムロジックを含まずに構築したものを指します。いつ、どのような機能を利用するのか、どのような業務遷移をたどるのかなどを明確にし、言葉だけではイメージすることのできない業務改善をより具体的に伝えることを実現します。

OMS(受注管理システム)に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

フォームからお問い合わせ メールアイコンお問い合わせフォームへ

お電話でお問い合わせ電話受付: 平日 9:30 - 18:30 電話アイコン03-6432-0346