ORANGE OMS

DX推進支援

店舗とECの連携強化による新しい価値創造をお考えの事業者様へ、
ORANGE OMSはリテールシステム開発のノウハウに基づいたDX推進支援を提供します。

例えば…

店舗体験をECで拡張

リテンションコストが低いECをナーチャリングに活用。店舗で購入された商品の「お手入れ方法」など対面で伝えきれない情報を配信やWebサイトでフォローするなど、方法は多岐に渡ります。店舗への訪問機会が減少している今、貴重なタッチポイントとしてシステムを活用します。

ECでの情報を接客に活用

これまでECに閉じてしまっていたデータを店頭で活用。ECで閲覧があったものの購入に至っていない商品を改めてご紹介したり、お気に入り商品と同系統の商品をおすすめするなど、ECで生まれた情報を接客に活かすための仕組みを実現します。

ORANGE OMSによるDX推進のご提案

ECと店舗の連携強化により、
単純なオムニチャネルでは実現する事のできなかった世界感を実現。
消費者の「価値観」にあった「最適」を提供する

これまでの「ECと店舗のデータ連携」は多くの場合、それぞれの場所で生まれたデータの一部を同期するに過ぎませんでした。
いくつかある消費者の行動パターンに対応できていればそれで良かったためです。

しかしDX(デジタルトランスフォーメーション)が進みつつある昨今、消費者の「価値観」や「購買パターン」は多様化・細分化の一途を辿っています。

消費者の好む「方法」をしっかり用意しつつ、さらに適切なタイミングと内容での「コミュニケーション」をとることが重要です。

POINT

ECと店舗、そしてそれ以外の顧客接点の価値を同等に。
情報や在庫、商品などのマスタの統一・連携による、新しい購入購買の場を作り出す、ヘッドレスコマースの実現。

購買に必要な情報の提供をORANGE OMSのコアとし、ECや店舗、あらゆる場所での購買体験をよりそのチャネルに適したものへと変化させて行くことで、
お客様のニーズや希望するシチュエーションに柔軟に応えます。

コアシステム

実際の購入を司るシステム、データ群。
究極系はUIを持たない機能群そのもの。
在庫・商品・顧客の情報が管理されていれば、
UIはECでも自動販売機でもかまわない。

タッチポイント(UI)群

購入(購買)行動につながる、消費者とのタッチポイント群。
状況により、EC、店舗、あるいは他の様々なSNSやLPページそのものを購買コンテンツとするなど、求められる情報の形に応じて最適な形に変化・変容していく部分。

システム的に保持する管理対象はできる限り削減しつつ、フロントチャネルを多様化させることが可能に。

情報の統合が鍵となるOMO時代のビジネス

新型コロナウイルスの影響により、緩やかに変化すると考えられていた消費者行動は急激に変化しています。
消費者のニーズは細分化し、またテクノロジーは個々のニーズに応え始めています。
この時代に勝ち残るサービスとそのシステムを作るには、旧来とは異なるアプローチをとらなければなりません。
ビジネスの一部をデジタル化するのではなく、デジタル社会が前提のビジネスのあり方を考える必要があります。
ORANGE OMSはこのような発想から生まれた、リアルとデジタルをつなげるサービスです。

ビジネス(DX)で達成すべき要件をカバーするシステムを考える
=より根源的な課題にフォーカスする

ORANGE OMSによるDX推進についての詳細など、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

OMS(受注管理システム)に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

フォームからお問い合わせ メールアイコンお問い合わせフォームへ

お電話でお問い合わせ電話受付: 平日 9:30 - 18:30 電話アイコン03-6432-0346